アキロー

あきろー

シナリオライター。2003年、インターネットで仲間を募り、自主制作映画を制作し始める。短編映画「RECOVERY」(監督・脚本)で第5回海老名プレミアム映画祭準グランプリ受賞。ほかに共同脚本、脚本協力を手掛けた作品で映画祭での受賞歴多数。舞台脚本作品に「あなたへ…」「平和でござる」「ヘンテコリンな奴らがやってきた」「揺れて運命共同体」など。

マガジン収録作品

 クラッシュ

 (テーマ篇「創」)

詳細に描写される車の衝突事故。そして、不意打ち的に挿入されるハンググライダーの発明にまつわるエピソード。この「語り」の向かう先はどこなのか?「クラッシュ」が「創」になる、意外な結末。


 坂道と自転車

 (Vol.15)

坂道を二人乗りの自転車で下りる。後ろに乗る靖子にも、ハンドルを握る工藤にも、そのことには特別な意味がある。二人を結びつけたあの事故から、今日でちょうど三十年が流れた──。


 毎週水曜日

 (Vol.13)

毎週水曜日、幼稚園から帰ってくる息子は、なぜか優しい顔をしている。そして決まって友達のカズ君と遊んだ話をする。ヒーローの変身ポーズのような手振り。カズ君とは、どういう子供なのか?


 会いたくて

 (Vol.12)

山奥の無人駅で、猿はバナナをくれる老婆を待っている。だが、都心の息子夫婦のもとへ行ってしまった老婆は、いつまで待っても現れない。猿はバナナを求めて単行列車に飛び乗る──。


 置き手紙

 (Vol.9)

夢を追う姿に惹かれ、「私」は彼と一緒に暮らし始めた。けれどいつまでも一緒に夢は見られない。「さようなら」と書き出した手紙は、二人の出会いから思い出をたどって、思わぬところへと向かう。


 世阿弥の心得

 (Vol.8)

カクテルベースの日本酒=MOTOZAKEとのコラボレーション企画、プロローグ作品。新しきこと、珍しきこと、面白きこと──世阿弥の人を感動させる心得が、とあるバーで繰り広げられる常連客とバーテンダーの洒落たワンシーンを彩る。 


 チェイス

 (Vol.7)

頼む、あの車を追ってくれ!──突然現れた警察官を助手席に乗せて、愛車フェラーリで車道に飛び出した祁答院財閥の次男・和臣。アメリカ映画のような展開に、昂奮が高まる!


 C's  Garden

 (Vol.5)

バーを切り盛りする若い店主、後藤。ドアのカウベルが耳障りな音を立て、現れたのは翌日に結婚を控えた元恋人──。カウンター越しに繰り広げられる、軽やかな会話劇。


<運営会社>