埴子

はにこ

埴輪部(はにわべ)。1973年生まれ。新潟県出身、東京都在住。粘土による埴輪づくりのほか、埴輪の魅力を紹介するために、詩・エッセイ・小説など、埴輪をめぐる創作活動を展開中。埴輪情報サイト「埴輪のとなり」運営。趣味、埴輪鑑賞など。

マガジン収録作品

 はにわばなし 伝説の瞳編 (テーマ篇「創」)


 はにわばなし

 ペガサス編

 (Vol.16)

西のクニから飛んで来たペガサスは、草原を駆ける馬たちの仲間に入りたくなって、ワ国の地に降り立った。翼を捨てて、地上を走る喜びを知ると、すぐにどの馬よりも速く走るようになる。


 はにわばなし

 神託の壺編

 (Vol.15)

向こう見ずな兄のウミ王子と、気弱な弟のヤマ王子。どちらを後継者にすべきか悩んだワ王は、神のお告げを水面に映すという神託の壺の儀式を行う。果たして壺が選んだ後継者は?


 はにわばなし

 吹き矢編

 (Vol.14)

はにわの時代、神々は各自持っている杖を吹き筒にして吹き矢を楽しんだ。風の神、海の神、火の神、谷の神……各々が司るものに当てるという決まりがつくられるが、やがて一部の神から不満が出始める。


 はにわばなし モグラとモガリ編 (Vol.13)


 はにわばなし

 三匹のうり坊編

 (Vol.11)

母親を離れ、それぞれ自分の家を建てることになったイノシシの子供たち。家を完成させると、しかし通りかかったワ国の王にたちまち焼き払われる。そして二匹の兄は、こんがりと焼かれ食べられてしまう。


 はにわばなし

 赤い鳥編

 (Vol.10)

埴輪をめぐる創作活動を行う「埴輪部」の著者による、太古の時代を舞台にした色彩豊かな物語。赤い鳥が欲しいというワ姫の願いを聞いて、ワ王は家来たちに連れてくるよう命令するが──。


<運営会社>