新くら智か

にいくら ともか

札幌市生まれ、横浜育ち。小説「氷のミラージュ」でロマンス小説大賞佳作受賞。以後、おもに恋愛小説、少女小説を書く。著書に『女子高男子高合併物語』シリーズ(MOE文庫)、『いきなりBOY!』シリーズ(小学館パレット文庫)等がある。他のペンネームにてBL小説のシリーズや、ラジオドラマやネットドラマのシナリオ執筆も手がける。かつて某SF作家に師事し、ショートショートは大好物。

 うつつで逢えたら (テーマ篇「創」)


 結婚①~不機嫌な花婿~

 (Vol.16)

ある結婚を花婿と花嫁、それぞれの視点から描く。その花婿編。息子の結婚式で祝儀泥棒を働くロクでもない母親。追い返そうとすると、結婚相手の女は詐欺で指名手配されていると忠告される。


 結婚②~花嫁の憂鬱~

 (Vol.16)

ある結婚を花婿と花嫁、それぞれの視点から描く。その花嫁編。結婚詐欺でありながら、不覚にも式を挙げる羽目になった女。誰もいない隙に消えようとしたとき、「悪人」から電話が掛かってくる。


 Sky High

 (Vol.15)

「どんなのでもいいから、とにかく連れてこい!」北海道に住む父親に言われ、愛美は恋人の祐司と飛行機に乗った。その飛行機に緊急事態が発生! そして機内放送を伝える機長の声には聞き覚えが……


 消えた粘土おじさん

 (Vol.9)

粘土細工を作るためのいろいろな材料を売っている、通称・粘土おじさん。子供たちは小遣いをはたいて粘土遊びに夢中になるが、やがて大人たちの間で問題になっていく。


 闇の告解

 (Vol.8)

作家を志しながら、ミステリー作家・紅林廉のもとで秘書をする繭子。世に出してもらえない恨みを募らせていたある日、紅林が突然死し、チャンスが巡ってくる。 


 偏愛 (Vol.7)


 ありがとう、あなた (Vol.5)


 恋するクラゲ

 (Vol.4)

ひとり海に漂うクラゲが恋に落ちた――。最初は〝月〟に、そして次は〝海〟に。あるとき、彼に似た透明なものがついてくるようになり……。


 愛するあなたのために

 (Vol.3)

不本意な妊娠をし、自棄になっていた『私』は、実業家の女性に助けられて彼女の家に居候する。女二人の楽しい生活が始まるが、そこに一人の男が現れたことから状況が変わり始める。


 無垢の反乱 (Vol.2)


 山手線の女 (Vol.1)


<運営会社>