松元秀智

まつもと ひでとも

1976年、大阪市生まれ。実家で経営する一発20円でかめはめ波を打つ仕事を継がずに作家を志す。幼少よりお笑い、漫画、ゲーム、音楽、小説などの娯楽文化に埋もれて育ち、それらをこよなく愛する。書くジャンルに全くこだわらず、独自の作法によって作品世界を切り拓いている。

作家篇 ──松元秀智集──

 天に遊ばず

グロテスクと笑いの境界を揺れながら、一見ありふれた日常に築かれる、著者独特のユーモア溢れる世界。ひりひりとした痛みを伴う描写も厭わない、「苦悩にまみれて」積み上げられた渾身の18篇。


*作家篇はナノベルアプリのライブラリから購入することができます。

(購入機能はiOSアプリに対応しています)

マガジン収録作品

 トッテクルマン (テーマ篇「創」)


 ひとつ星シェフ

 (Vol.16)

ゲーム会社の営業マンである「僕」は、自社製品を売り込むため、ネット通販の評価で他社製品に星一つを付けまくっている。ある日、会社の受付嬢と他社ゲームの話題で盛り上がり、恋の予感にときめく!


 壇蜜に会いたい

 (Vol.11)

大阪から東京へ、憧れのタレントに会いたい一心で家を出る弟と、彼の無謀な行動に腹を立てつつも、心配して付き添う姉。何のつてもなく途方に暮れる姉弟は、果たして壇蜜に会えるのか?


 らっぱの音がきこえる

 (Vol.9)

ラッパの音とともにやってくる、立ち飲みホストの屋台。ついふらりと呼び止めてしまった、孤独な独身女性。そのヨクボウに満ちた恋の顛末を、ゆる~い空気感で、お届けします。


 セロハンガール

 (Vol.7)

今、世界的にも注目されている、お惣菜のパッケージにセロハンテープを貼る技術「CELLOTEQUE」。一流のセロテーパーを目指す、ある一人の女子の怒涛の物語!


 いなりは好きですか?〈A〉

 (Vol.4)

ビルのエレベーターで出会う男女の物語を、それぞれの視点で描く。毎朝、顔を合わせる彼女に恋している「僕」は、どうにか思いを告げようと、あれこれ思案するのだが──。


 いなりは好きですか?〈B〉

 (Vol.4)

ビルのエレベーターで出会う男女の物語を、それぞれの視点で描く。〈B〉は女性の物語。毎朝、挨拶してくる男を、「私」はひどく冷静な目で見つめているのだが──。


 自転車兄弟

 (Vol.3)

“自分の未来なんてどうでもいい”――生きる希望を持てない弟は、兄に誘われるまま自転車屋を始める。目の前のことに没頭するうち、次第に初めての仕事に魅せられていく。


 絶対に死なない女

 (Vol.2)

「俺」の彼女は、病気だろうと事故だろうと、どんな状況に置かれても死なない女だ。けれども今度ばかりは、かなり厳しい局面に立たされている。大丈夫なのか~?


 さよならジゲレンジャー

 (Vol.1)

世界征服をもくろむ悪の組織、ショックダー。その東大阪支部に勤務する「私」の前に立ちはだかる、正義の味方ジゲレンジャー。最後の(しょぼい)戦いが、いま始まる!


 パパは餡死男

 (アンデッドマン)

 (創刊準備号)

次々と発見される、体内に詰物をされた異様な死体。日本を震撼させる連続殺人に、警察官のパパが体当たりで挑む。サイコサスペンス? B級ホラー? いや、あのヒーローのパロディ!


<運営会社>